【はまって、はまって】バックナンバー 2019年  江崎リエ(えざき りえ) 

2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年
2010年







はまってはまって

江崎リエ(2019.01.06更新)



日々の習慣と思い込み


   毎日習慣にしていて、その心地よさや効用を信じていることがある。たとえば、朝のコーヒー。お湯を沸かしてゆっくりとドリップコーヒーを入れ、その香りをかぐだけで体が目覚めてくつろぐような気がするし、苦味のあるブラックコーヒーを味わうと頭が覚醒する気がする。コーヒーの飲みながら新聞を読むのも若い頃から続いている習慣で、たまの新聞休刊日には何かが欠けたような気分になり、1日の始まりに肩透かしを食らったような気になる。夕食に飲むお酒は食欲を亢進させる気がする。寝る前に飲むお酒は仕事で疲れた頭と体をリラックスさせ、眠りに入りやすくする気がする。

 「気がする」と繰り返し書いたのは、こうしたことをしなくても暮らし方によって同様の効用があったり、心地よさを味わったりできることを知っているからだ。朝のコーヒーは好きだが、息子の家に泊まり行って朝のコーヒーの代わりに日本茶が出てきても、頭は覚醒する。旅先で朝の新聞を読んでも楽しくない。新聞記事の中身が読みたいのではなく、座って新聞を大きく広げる時間が好きなのだと思う。ヨガで断食をするとその後は少しずつ食事を普通に戻すので、断食後3週間はお酒を飲まないのだが、夕食にお酒がなくても食欲はちゃんとあるし、寝酒を飲まなくても適度に体を動かしていればよく眠れる。

 このような経験を通して、「自分の生活にはこれが必要と思っていたけれど、なくても何の問題もない」と気づくことはいくつもある。それでやめる習慣もあれば、それでも続ける習慣もある。それでも続けるということは、その中に自分に合った心地よさがあるということだろう。夫が亡くなり、息子が独立して、私が初めての一人暮らしを始めて丸7年が経った。一人で暮らすようになってからも、それまで家族で暮らしていた時の習慣を続けて、「朝はコーヒーを入れ、新聞を読み、朝食を食べ、昼間は仕事をし、夕食の支度をして飲み始める」ことを繰り返してきたが、どれも続けている理由は「習慣だったから」で、やめても支障のないことばかりだ。今年は惰性でやっている習慣をやめる実験、違うことをやってみる実験をしてみて、今の自分に心地よい習慣をセレクトしたいと思う。

 皆様、今年もよろしくお願いします。

(えざき りえ)











はまってはまって

江崎リエ(2019.02.01更新)



1月26日の朝日新聞の記事



借りてきた「恋愛療法」

偶然か、記憶のなせる技なのか?


   最近はよく海外の小説を読んでいるのだが、なかなか面白い本に当たらない。そこで、いろいろな本の紹介記事を参照して、興味を持ったものを図書館から借りてくる。そんな本の一つがイギリスの小説家デイヴィッド・ロッジの「恋愛療法」だった。作者の名前を初めて知ったのは1月26日の朝日新聞朝刊の記事だった。この記事を読んで、私が読んでみたいと思った本は皆借り出されていて、在庫のある数冊の中で一番早く手元に来たのがこの本だった。

 この本の2ページ目の「慎重に」という言葉の横に「ジンジャリー」というルビが振ってあった。出てきた文章は以下のようなものだった。  
慎重に(ルビ、ジンジャリー)立ち上がった。(「ジンジャリリー」と  書くべきか? いや、今、辞書をひいたら、形容詞も副詞も同じ形だ)。
 カッコ内の説明によって、作者は主人公が言葉にこだわるタイプだということを示したかったのかもしれない。このルビを見た時の私の反応は、「けっこう英語の文章を読んでいるけれど、ジンジャリーなんて、見たことも聞いたこともない」というものだった。しかし、それから数時間後、インターネットで英語の記事を読んでいる時に、gingerlyという単語を目にした。この偶然に私は驚いた。

 しかし、考えてみるとこういうことはよくある。フランス語の授業で新しい単語を聞き、「この言葉は初めて聞いた」と言うと「本当か? これは別に難しい単語ではなくて、会話でも使われるよ」と言われ、「いやー、こんなの聞いたことない」と言い張った矢先、帰りの電車の中で新聞記事を読んでいたら同じ単語が出てきたりする。

 昔々の妊娠中に、大きなお腹で外を歩いていて、やたらに妊婦が目につくという現象があった。それまでは気にも止めずに歩いていたのが、自分が妊娠してフウフウ言うようになったら、同じ境遇の女性がやたらに目に入り、「世の中にはこんなに妊婦が多かったのか」と驚愕したことを思い出す。ジンジャリーもこれと同じで、意識がこの単語に行っていたから目に入ったのか、それとも単なる偶然の結果なのか確かめたいと思うが、その術がない。同じように「この単語、初めて見る」と思ったものは多数あり、そのことが記憶にあるうちに同じ単語に出会わなければ、そのことはすっかり忘れてしまっているはずなので、意識しているから出会うとは限らないと思うのだが、出会う頻度と出会わない頻度を比べる術もない。こういうことを研究している学者がいるのではないかと思うので少し調べてみようと思うが、とりあえずはgingerlyという単語をしっかりと覚えただけで「よし」としようと思う。

(えざき りえ)











はまってはまって

江崎リエ(2019.03.01更新)





ちらし寿司を食べる日


   3月というとひな祭りだ。毎年、玄関にミニひなを飾り、ちらし寿司とハマグリのお吸い物を作る。ハマグリはけっこう高いので、アサリにしたり、普通のすまし汁にしたりすることもあるし、3日に作れずに日にちがずれることもあるが、なんとなく毎年続いている習慣だ。

 子供の頃を思い返してみても、祖母や母がこの日に必ずちらし寿司を作っていた記憶がある。だが、ちゃんとしたおひな様を飾っていた記憶はない。毎年、学校などで紙のひなを作っていたのを飾っていたり、その年その年でお菓子のおまけだったり、飾りだったりしたものを置いていた記憶はあるが、「毎年しまってあるひなを出して並べる」ということはしていなかった。私は長女で下に弟が2人いるので、ひな飾りが家にあっても不思議はないと思うのだが。ゆとりがなくて買えなかったのかもしれないし、「女の子のお祭り」ということに、男女同権に敏感だった戦争経験世代の父母が同調しなかったのかもしれない。思い返せば、ちらし寿司が出るだけで、とくに女の子の日と言われたことはない。子供3人、子供の日には「あんたたちが主役」風の扱いがあり、「男の子の日」という感じもなかったので、こちらも「端午の節句」という意識ではなかったような気がする。母は剣や兜などの武器飾りを嫌っていたので、男の子の日ではなく、「子供の日」を祝いたかったのかもしれない。これが戦争の記憶によるものか、母が生来持っていた好みなのかもわからないが。

 自分に子供ができた後は、日本の年中行事を伝えるくらいの感覚で、折り紙などのひなを飾り、お菓子についてきたおまけの鯉のぼりを飾るようなことを繰り返してきた。家族によってはひな祭りで「女の子」を意識させられ、「早くしまわないとお嫁に行くのが遅くなる」と言われたり、庭に大きな鯉のぼりが立って、「そのうち家を継ぐ存在である」ことを意識したりするのかもしれないが、そういうこともなく、ちらし寿司を食べる日、柏餅を食べる日、と食欲でその日を意識してきた子供時代を「よかった」と思うし、自分の子供にもこうした年中行事が「さらっと」伝わっているといいなと思う。

(えざき りえ)











はまってはまって

江崎リエ(2019.04.01更新)



るる島のフクロウ(Art Stage SAN制作)



カナダの劇団と共作した「Boxes」の人形



今回のチラシ

新しい人形劇団を発見


   今日は招待券で、韓国の人形劇団と日本の影絵劇団の共作を見てきた。「人形劇と影絵の共演」という宣伝を見て興味を惹かれたのだが、どちらも知らない劇団なので、チケットを買うのは賭けのようなものだ。それで決心がつかないでいたら、朝日新聞のチケットプレゼント欄に募集が載っていたので応募、ラッキーなことに当選したというわけだ。 

 見てきたのは韓国の「Art Stage SAN」と日本の「かかし座」の共作「ごめんね、ありがとう!るる島の秘密」(文京シビックホール)というもの。予備知識無しに行ったのだが、影絵と人形の共演は期待以上に面白かった。影絵は紙を造形して映すものと、手の形で動物などを表現するものの2種。人形は、小型、中型、頭だけ大きなマスクをかぶって体は人間が演じるものの3種。主人公の女の子は影絵で出演したり、小型、中型の人形で出たりして、その入れ替わりも面白い。人形の遣い方は独特で、中型の人形は一人が後頭部と背中の突起を持って上半身を担当、もう一人が両足のかかとの突起を持って下半身を担当する。文楽の二人遣いと似ているが、距離のある糸ではなく体に直接ついた突起なので、操り手と人形の距離が近い。小型の人形は頭の突起と腰か足の突起を持って一人で操る。

 これまで、子供向けの人形劇団「プーク」、江戸時代から続く糸あやつり人形の「結城座」、糸あやつりと棒使いを組み合わせた独特の構造を持つ人形を使う「かわせみ座」など、個性のある劇団の人形劇を見てきたが、「Art Stage SAN」の人形遣いも独特で面白かった。人形劇では、演目に合わせて人形のデザインから制作までを劇団内で行うところがほとんどだと思うが、その造形美も演目の魅力に大きく影響する。今回の劇団のコラボレーションでは、人形も影絵の背景も魅力的だった。こうして、新しく楽しみな劇団を見つけたので、次はそれぞれ単独の公演を見に行きたいと思っている。

(えざき りえ)